Основной сайт   Eng Site   Chinese Site   Korean Site   Japanise Site 

極東地域について

ロシアの極東は特別な所である。アジア太平洋地域との近接性、ロジスティクの優位性、豊富な天然資源、手つかずの自然は、様々なビジネスプロジェクトの創造と発展のためのユニークな機会を提供している。

現在の投資プロジェクトの国家支援システムの中で、極東には事業者が快適に働き、必要な交通機関、エネルギー、エンジニアリングのインフラストラクチャーを利用できるように最善を尽くされている。連日のモードでは、先行発展領域とウラジオストク自由港の居住の活動メンテナンスが行われる。極東開発公社の代表部が創設され、極東連邦区の地域に設立され続けている。投資家に提供されるサービスのリストを拡大し、新たなビジネス支援メカニズムを開発し、実行するための活動が積極的に行われている。

行政区画

極東連邦管区に所属する連邦構成主体は以下9主体である。

沿海地方、ハバロフスク地方、カムチャツカ地方、サハ共和国、アムール州、マガダン州、サハリン州、ユダヤ自治州、チュクチ自治管区。

極東の総面積は610万平方キロメートルで、ロシアの面積の36%を占める。 それと同時に、この地域の人口は620万人であり、ロシアの全人口の約4%である。 極東の行政センターはハバロフスク市である。

中国、日本、モンゴル、韓国と北朝鮮がロシアの極東と歴史的や、文化的に連携している。

経済

極東の開発はXXI世紀にわたり優先である。この地域は新しい生産施設の立ち上げや投資家の誘致に必要な条件を積極的に作り出している。 先行発展領域とウラジオストク自由港では、造船、ロジスティクス、魚加工、港湾活動、農業、観光の分野でより多くのプロジェクトが実施されている。

「ワンウインドウ」の原則で先行発展領域とウラジオストク自由港の居住の全面的なサポートが、極東の社会経済開発を加速させることを目的とした株式会社「極東地域開発会社」によって行われている。 ビジネスの発展と新しい職場の創出は、ロシア連邦の他の地域や外国の人々をこの地域に引き付けることに貢献している。

競争優位性

利益のある経済的及び地理的位置のため、ロシアの極東はロシアとアジア太平洋地域諸国との関係において特別な意義を有する。アジアとヨーロッパの間の輸送回廊の重要な部分であるこの地域では、29の海港があり、その領土を通じて最大の鉄道がある。極東では、世界的に重要なダイヤモンド、石油、ガス、金、石炭、多金属の最大の鉱床です。これらの資源の存在は、新しい大規模な生産とプロジェクトを組織するための強力な基盤を形成する。

先行発展領域とウラジオストク自由港を管理する極東開発公社は、地域の競争優位性を実現し、快適なビジネスのためのツールと条件を作り出している。

競争優位性:

  • 1. 形勝のロジスティクス
  • 2. 観光資源能力
  • 3. アジア太平洋地域のグローバル市場の近接性
  • 4. 先行発展領域及びウラジオストク自由港の行政の選好
  • 5. 投資プロジェクトの実施のためのインフラ支援と制度的システム。
極東連邦管区に所属する連邦構成主体は以
極東連邦管区に所属する連邦構成主体は以
  • 極東連邦管区に所属する連邦構成主体は以
  • アムール州
  • マガダン州
  • カムチャツカ地方
  • ユダヤ自治州
  • チュクチ自治管区
  • ハバロフスク地方
  • サハ共和国
  • サハリン州
  • 沿海地方
ДФО
  • 6,1 >million km
    面積は
    36% from the area of Russia
  • 6,2 million people
    3,9% population of Russia
  • ハバロフスク
    行政センター
  • 9
    主体である
  • 18
    先行発展領域 極東連邦管区にて
  • 5 地域
    22  地方自治体
    ウラジオストク自由港 極東連邦管区にて

Main directions of the economy:

  • こうぎょう
  • Gold mining
  • Fish industry
  • Forest industry
  • Non-ferrous metallurgy
  • Shipbuilding

Natural wealth (in monetary terms):

事実:

  • The region has a wide access to the seas of the Arctic Ocean and the sea border with the USA and Japan.
  • On land, the region borders on China and Korea.
  • The Russian Far East has an extensive range of climatic zones. The southernmost point is located at the latitude of Derbent, the northernmost point is beyond the Arctic Circle.
  • The largest region in the region is The Republic of Sakha (Yakutia), and the smallest - Jewish Autonomous Region.
  • Sakhalin Oblast is the only region of Russia located on more than sixty islands and without land borders.
  • 3 083 500
    面積は
    極東連邦管区にて第1位
  • 962 800
    極東連邦管区にて第3位
  • 275,3 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 0,31 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第8位
  • 2
    サハリン州にて先行発展領域
 Aysen Sergeevich Nikolaev ||  サハ共和国知事
Aysen Sergeevich Nikolaev
サハ共和国知事
「この地域は、金鉱業のために、国内で3位を占めていて、又はアンチモンとスズの採鉱にてトップな地位を占めている。共和国は探鉱された石炭の埋蔵量の47%、天然ガスの35%、シベリア東部と極東の石油を占めています。地域経済における主要な全ロシアレベルの成長は、大規模な投資プロジェクトによってもたらされます。ヤクートの領土上の今日は、東ガスプログラムを実現したパイプラインシステム東シベリアで供給を増加、ガスパイプライン「シベリアの力」を構築 - 太平洋。過去10年間で、石油生産量は3倍に増加し、2016年には1000万トンを上回っている」と述べる。

利点:

  • 水力潜在能力
  • 高い開発率
  • 人的資源
  • 発達している輸出回転業
  • 資源の高可用性

ヤクート・サハ共和国における採掘::

埋蔵量:

  • 82 %
    ダイヤモンド 
  • 17 %
  • 61 %
    ウラン
  • 82 %
    アンチモン
  • 40 %
    石炭
  • 87 100
    面積は
    極東連邦管区にて第8位
  • 487 300
    極東連邦管区にて第5位
  • 248 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 5,59 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第2位
  • 3
    サハリン州にて先行発展領域
  • 2
    サハリン州にてウラジオストク自由港

利点:

  • 高い自然資源能力
  • ユニークな生物資源の存在
  • 高い自然及びレクリエーション能力
  • 地勢の利

この地方はロシアの連邦構成主体の間で以下の地位を占めているいる:

  • 4
    第 位 コンデンセート量
  • 1
    第 位 水生生物資源蓄積量 
  • 3
    第 位 水生生物資源の漁獲
  • 7
    第 位 ガス量

  • 12
    第 位 石炭量
  • 13
    第 位 石油量

事実:

  • 80

    サハリン島の棚の対象領域で、件の鉱床が発見された
  • В 7,8 億トン 炭化水素燃料

    サハリン州の全体地質資源は と推定されている
  • 1000

    cultural and historical objects located in the region
  • 787 600
    面積は
    極東連邦管区にて第2位
  • 1 333 300
    極東連邦管区にて第2位
  • 115,1 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 1,69 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第2位
  • 3
    サハリン州にて先行発展領域
  • 1
    サハリン州にてウラジオストク自由港
セルゲイ・イワノビッチ・ファーガル ||
セルゲイ・イワノビッチ・ファーガル
「遠く離れた我々は、遠隔性、感謝の要素にもかかわらず、ロシアの先進地域と競争できることを示している。 ハバロフスク地方の投資家とビジネスを支援するための実際の仕組みがあると思っている。 今、我々の仕事は、与えられた機会を共有し、増やすことだ!」と述べる。  

利点:

  • 活発的に発達している経済
  • 多様化した生産能力
  • 開発されたインフラストラクチャー
  • 経済的にアクセス可能な天然資源

経済的にアクセス可能な天然資源:

その地域では極東連邦区によると:

  • 100 %
    精製及び冶金
  • 80 %
    機械製作
  • 56 %
    木材工業及び木材加工業
  • 721 500
    面積は
    極東連邦管区にて第3位
  • 49 800
    極東連邦管区にて第9位
  • 9,7 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 0,07 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第9位
  • 1
    サハリン州にて先行発展領域
  • 1
    サハリン州にてウラジオストク自由港
チュクチ自治管区知事のコピン氏は ||
チュクチ自治管区知事のコピン氏は
「チュクチ自治管区には長期的な開発戦略があり、ロシア極北の開発の基本領域になっている。実績は、ロシア以外にも知られている。 そして今日、これらの物語のおかげで、新しい投資家がこの自治管区に集まる。 第3回東フォーラムでは、チュクチ自治管区が記録的な260億ルーブル10件の合意を締結した。 我々の未来への投資だ」と述べる

利点:

  • Significant reserves of aquatic biological resources
  • 北海道における港湾の存在
  • 豊富な鉱物資源
  • 米国との海上国境

この地域において:

海上輸送スキーム:

  • 5
    地域にて港湾 
    その中には、最大のペヴェクとアナディリがある
  • 36 300
    面積は
    極東連邦管区にて第9位
  • 164 200
    極東連邦管区にて第7位
  • 12,9 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 4,52 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第3位
  • 1
    サハリン州にて先行発展領域
ユダヤ自治州のレヴェナンタル知事 は「 ||  ユダヤ自治州のレヴェナンタル知事
ユダヤ自治州のレヴェナンタル知事 は「
ユダヤ自治州のレヴェナンタル知事
「現在、ユダヤ自治州では、投資家及び経済のさらなる発展のために、条件が作成されえる。 この作業は、極東での税負担を軽減し、行政手続きを簡素化し、先行発展領域の仕組みなどを活用して、地域当局によってさらに解決される」と述べる。

利点:

  • 有利な経済的及び地理的位置地勢
  • 豊富な資源と原材料能力
  • 農地と耕土の存在

領土:

  • 50 %
    2 108 千ヘクタール
    領土が森林で覆われている
  • 50 %
    2 108 千ヘクタール
    農地の区 域耕作地、牧草地、干草地などとなる

地域には以下の大規模鉱床が集中している
:

  • 石炭
  • 滑石
  • 鉄鋼
  • 水滑石
  • マンガン
  • 石墨
  • 114
    様々なの建築材料がこの地域で知られている
  • 164 700
    面積は
    極東連邦管区にて第7位
  • 1 923 100
    極東連邦管区にて第1位
  • 123,5 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 11,68 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第1位
  • 4
    サハリン州にて先行発展領域
  • 16
    サハリン州にてウラジオストク自由港
コジェミャコ知事は<br>
コジェミャコ知事は
「ビジネスを行う上での最優先事項は、投資イニシアチブの支援だ。 これは、連邦レベルで経済活動を刺激するためのコンディションが作成された現在、特に重要となる。 一般的に、我々の仕事は、経済と社会の分野が着実に発展していることを確実にするために全力を尽くすことだ。

利点:

  • High economic growth rates
  • 人的資源
  • 地勢の利
  • 発達された輸出回転業
  • 資源の高可用性

この地域にて確定されている資源:

領土は:

  • 80 %
    森林で覆われている
  • 464 300
    面積は
    極東連邦管区にて第4位
  • 314 700
    極東連邦管区にて第6位
  • 33,3 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 0,68 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第6位
  • 1
    サハリン州にて先行発展領域
  • 1
    サハリン州にてウラジオストク自由港
カムチャツカ地方のイリューヒン知事は ||  カムチャツカ地方の知事
カムチャツカ地方のイリューヒン知事は
カムチャツカ地方の知事
現在、連邦レベルでも連邦構成主体レベルでも、新しい開発メカニズムの適用に関連して、先行発展領域、極東ヘクタール、ウラジオストク自由港の様々な作業が行われている。 これらの成功の実現には、行政当局と立法当局をはじめとして、全てのレベルの当局の共同決定が必要だった。カムチャツカについて話すならば、我々は相互作用を持っている。 有益な対話を通運、この分野で直面している重要な任務を理解して我々が活躍している」と述べる。

利点:

  • カムチャツカは活発な火山活動のゾーンに属しています
    およそ300個の大規模及び中規模の火山が活動しており、そのうちの10分の1が活動しており、多くの鉱物が形成されています
  • カムチャツカ地方の領土を通運機関、約14100の河川が流れている
  • 鉱物資源の主な価値は、貴金属と多金属鉱石の鉱床である
  • 燃料とエネルギー資源の褐炭と石炭
  • 観光・レクリエーション資源
  • 地勢の利

地方の漁業複合体の比重:

  • 極東連邦管区にて 
    > 32 %
  • ロシアにて 
    > 32 %

カムチャツカ地方の領域:

> 11.3 % 特別保護地域であり
そのうちの 8% 世界自然遺産リストに登録されている
  • 462 500
    面積は
    極東連邦管区にて第5位
  • 148 071
    極東連邦管区にて第8位
  • 38,9 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 0,32 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第7位
 セルゲイコンスタンチノビッチノソフ ||  マガダン州知事
セルゲイコンスタンチノビッチノソフ
マガダン州知事
「コリマの人々の生活のために、より快適な環境を作り出すことが必要とする。 これは地域当局の主な任務の一つである。 この方向で何が行われているか? 住宅、道路、新しいスポーツセンターが建設されている」と述べる。

利点:

  • 豊富な水生生物資源
    南と南東からオホーツク海で洗い流され、広大な河川系と25の湯場がある
  • 高い鉱物と原材料力
  • 29 オホーツク海の棚の中に29の可能な石油・ガス蓄積帯が割り当てられている

マガダン州にて::

  • 6 %
    鉱物資源
  • 11 %
    砂金準備 
  • 15 %
    鉱石の金 
  • 50 %
  • 361 908
    面積は
    極東連邦管区にて第6位
  • 801 752
    極東連邦管区にて第4位
  • 128,5 億ルーブル
    Volume of investments in fixed assets
  • 2,22 人/km2
    人口密度
    極東連邦管区にて第4位
  • 3
    サハリン州にて先行発展領域
ヴァシリー・オルロフ || The governor of the Amur Region
ヴァシリー・オルロフ
The governor of the Amur Region
The territories of advanced development are new jobs, the growth of the gross regional product, a significant increase in taxes at the end of the grace periods of taxation. Another positive “option” of ASEZ is the multiplier effect: for anchor investors comes the accompanying business. For example, in the ASEZ ”Svobodny”, where the Amur gas processing plant is being built, auxiliary production facilities are already being created: enterprises producing metal structures, consumables, construction materials. The infrastructure necessary for production – roads, power lines, new residential areas are being built. In addition, the municipalities, thanks to the ASEZ, have the opportunity to improve the state of the social infrastructure. Schools, kindergartens, cultural objects are being reconstructed, and physical culture and recreation complexes are being built

利点:

  • 国境付近地位
    アムール州の一部は、ロシア連邦と中華人民共和国の国境である
  • 高い鉱物原料能力
  • 豊富な農地の存在
  • 比較的に開発されたインフラの存在
    アムール州の領土を通じて、パワー・オブ・シベリアガスパイプラインと東シベリア - 太平洋石油パイプラインが敷設されている
  • 新業種
    アムール州ではボストチヌイ宇宙基地が建設され、ブレイスカヤとゼイスカヤの水力発電所、石炭のブラゴヴェシチェンンスカヤ火力発電所とライチヒンスカヤ熱発電所が建設された。ニジネブレイスカヤ水力発電所と世界最大のヘリウム製造施設を含む、世界最大の一つ、及びロシア最大のアムールガス処理工場は建設中。

マガダン州にて::

  • 11.3 %
    領土は森林で覆われています

鉱物資源:

  • Wolfram
  • 鉄鉱石の希元素
  • 褐炭と石炭
  • チタニウム
  • モリブデン
  • ポリメタル

アムール州の産業:

  • 極東連邦管区にて 
    67 %
    極東連邦管区の水力資源
  • 38 %
    極東連邦管区の農業資源
  • > 50 %
    極東連邦管区の耕地