Основной сайт   Eng Site   Chinese Site   Korean Site   Japanise Site 

質問と回答

先行発展領域とは

先行社会経済発展領域は、経営活動を行うための特別法制が確立されているロシア連邦の構成主体の領域の一部である。

ウラジオストク自由港とはどういうことなの?

ウラジオストク自由港は、税関と行政規定の特別な制度を享受する地域である。

先行発展領域の存在期間は?

存続期間は70年とする。

何の領域がウラジオストク自由港に属しているか。ウラジオストク自由港の領域はどに位置するか。

ウラジオストク自由港は沿岸地方の地方自治体の領域に等しい。沿岸地方の地方 自治体は右の通りである。アルチョモフスキー市区、ウラジオストク市区、ボリショイ・カーメニ市区、ナホドキンスキー市区、パルチザンスキー管区、スパス・ダリニー市区、ウスリースキー市区、ナデジディンスキー地方自治区、シコ トフスキー地方自治区、オクタブリスキー地方自治区、オリギンスキー地方自治区、パルチザンスキー地方自治区、ポグラニーチニー地方自治区、ハサンスキー 地方自治区、ハンカイスキー地方自治区。これら地方自治体の領域内に位置する海港の領土とその水域もここに含む。 ウラジオストク自由港の領域に、海港の領土とその水域も含む、ハバロフスク地方においてヴァニンスク地区、サハリン州においてコルサコフ都市管区とウグレゴルスク自治地区、チュクチ自治管区においてペヴェク都市管区、カムチャツカ地方においてペトロパブロフスク・カムチャツキー都市管区が属している。

どうやって先行社会経済発展領域にて土地を求めるのか。

協定を締結した後で株式会社「極東開発公社」が先行発展区域の居住と土地賃貸借契約を締結する。賃貸料が、割引率を参考に土地各別に算出される。居住が締結された協定の条件を満たした後で株式会社「極東開発公社」が売買契約を締結することで土地を提供するかたちになる。

ウラジオストク自由港の存在期間は?

存続期間は70年とする。

どうやって先行社会経済発展区域にて土地を求めるのか。

先行発展領域に土地を取得するには、先行発展領域の居住の地位を取得が必要となる。 サイトが誰にも属しておらず、負担がなし、自治体が許可している場合、土地はプロジェクトの実施のために発行される。 土地が極東開発公社によって所有されている場合は、その土地もプロジェクトの実施のために発行される。

ウラジオストク自由港の先進発展区域のレジデントにとって禁止されている経営活動の種類:

1.石油及び天然ガスの開発; 2.乗用自動車、オートバイ、エンジンオイル及び航空燃料・軽油・自動車用燃料の以外、物品税がかかる商品の生産。 3.管理作業及びそれに伴う付随的サービス(農業機械・農業設備、建設機械・土木工学の建築設備、交通機関・航空交通機関・船舶、発動機・タービン・自動機械などの機械、設備と道具の賃借とリース、そして旅行会社及び観光サービスを提供しているなどの機関を例外として)

先行発展区域にてのインフラストラクチャー設備(電気、給水、ガス、水処理、熱供給)をどうやって使い始められるのか。

株式会社「極東開発公社」が先行発展区域のインフラストラクチャーを整備する。申込書には計画されるプロジェクトの給電、熱供給、給水、水処理、ガス供給にての要件を指摘していただきます。その情報が指摘された申込書が承認される場合は、インフラストラクチャー設備をご利用できるようになる。各別の先行発展区域には、インフラストラクチャー設備をご利用できるようになる期日などを含むインフラストラクチャー設備の個別予定計画がある。

政府に挙げられる支援策を受け取れない経営活動の種類:

会計活動及び保険事業。 賭博の開業・賭博の実現に関する行為 ウラジオストク自由港の先進発展区域のレジデントの経営活動に関しての契約により、ウラジオストク自由港の在先進発展区域のレジデントがウラジオストク自由港の領域内で生産した商品の販売以外の卸売及び小売。

定期監査実施期間は?

定期監査実施期間は、監査を行い始めた日から15日以内である。宣言されたプロジェクトが必要な基準を全て満たしている場合は、申請に肯定的な決定がする。管理会社は、活動実施に関する協定の締結を可能とする決定を下してから 30 日を超過しない期間内に、申請者向けに活動実施の同意計画を準備し送る。

先行発展領域とウラジオストク自由港の違いとは?


   先行発展領域   ウラジオストク自由港 
  インフラストラクチャー   管理会社に提供される   自己接続
  領域   管理会社に提供される   オークションなしで自治体で受け取る.
  プロジェクトの実施場所   機能は各個別先行発展領域の指導区によって決定される。   自治体の境界によって制限される
  必要な投資額   必要な投資額は50万ルーブル   3年以内に500万ルーブル
  居住の特別な義務      要求されたインフラストラクチャを不使用に対して責任を負う。   不在.

どうやって、ウラジオストク自由港にて土地を求めるのか。

第6ロシア連邦法第39条第2項第33号、又は第8ロシア連邦法第39条第8項第18号に従って、国家又は地方自治体の所有権を有する土地区画のリース契約は、自由港の居住者に土地区画を付与する場合には入札を行わずに締結される。

同社がウラジオストク自由港と先行発展領域の居住になることは可能ですか?

同社が先行発展領域とウラジオストク自由港の居住にならない。これは、先行発展領域及びウラジオストク自由港に登録住所を持つ新しい法人、又は新規投資プロジェクトが居住になるためだ。

先行発展領域とウラジオストク自由港の違いとは?


   先行発展領域   ウラジオストク自由港 
  インフラストラクチャー   管理会社に提供される   自己接続
  領域   管理会社に提供される   オークションなしで自治体で受け取る.
  プロジェクトの実施場所   機能は各個別先行発展領域の指導区によって決定される。   自治体の境界によって制限される
  必要な投資額   必要な投資額は50万ルーブル   3年以内に500万ルーブル
  居住の特別な義務      要求されたインフラストラクチャを不使用に対して責任を負う。   不在.